熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

信州小諸 藤村ゆかりの宿・中棚荘でりんご風呂にドボンだよ

20161207-IMG_4510-2
長野県は軽井沢のとなり、小諸にある藤村ゆかりさん(写真)という女将が切り盛りする宿に行ってきました。嘘。「ふじむらゆかり」ではなく、「とうそんゆかり」です。明治の文豪・島崎藤村が足繁く通った宿なのです。続きを読む

やっと出たよプロトレックPRW-6100ブラックモデル

IMG_6888
これが1年前に出ていたら…。PRW-6000シリーズ登場から丸3年、ようやくPRW-6100シリーズにモノクロ配色のブラックモデルが登場しました。薄さ12.8mm・重さ74gと、いま使っているPRW-7000FC-1JFより断然コンパクトなのが裏山。というカシオの2017年春夏展示会に行ってきましたよっと。続きを読む

旅で太らない方法〜伊豆かかりつけ湯の旅2・伊豆長岡温泉

20160202-DSC03592
ミニくまちゃんを足湯に入れるとフリチンにならざるをえない問題。さて、1年ごしの義理を果たすべく、伊豆かかりつけ湯のつづきをお届けします。前回は畑毛温泉でしたが、続いてやって来ましたのは伊豆長岡温泉エリア。いずれのお宿も「旅でデブる問題」に取り組んだローカロリー料理が売りです。続きを読む

エース パリセイドZ 45を買ったんだよ〜機内持ち込みサイズのスーツケース【追記あり】

20170217-DSC08462
だんだん見た目が、昨年肝硬変が見つかった伯父に似て丸くなってきました。気をつけます。さて、普段の旅行装備はウルトラライトを志向し、基本的にリュックサックで出かけているのですが、まれに壊れ物や重いブツを運んだりすることがあるため、スーツケースを転がすことがございます。とはいえ早20年選手ともなろう無印良品のそれは、ソフトタイプでフロントポケットに荷物を入れるとバランスを崩し前のめりがち。コロコロも2つしかなく走行音が激しめです。続きを読む

デカ盛りグルメとの遭遇〜アクアラインの東・後編

20161203-DSC04454
アクアラインの千葉側の富津市・君津市・木更津市・袖ケ浦市(内房上総地区)で構成される“アクアラインイースト観光連盟”のプレスツアー2日目。デブまっしぐら、ハイカロリーな観光スポットの目白押しです。続きを読む

東京湾フェリーで行くアクアラインの東・前編

20161202-DSC04168
昨年12月の話になりますが、アクアラインの千葉側の富津市・君津市・木更津市・袖ケ浦市(内房上総地区ゆうらしいですわ)で構成される“アクアラインイースト観光連盟”のプレスツアーに参加しました。もう紅葉シーズンでもないんですが、ご査収くださいませ。続きを読む

伊豆大島唯一の酒蔵から、夕焼けビューの露天風呂、そして揚げたて天ぷらの魔力

IMG_6398
東海汽船で行く伊豆大島の旅、最終回です。伊豆大島椿漫喫Aコースを体験したのち、ツアーパーティーでレンタカーを駆って「伊豆大島唯一の酒蔵」「富士山と夕焼けを臨むオーシャンビューの露天風呂」「椿フォンデュと温泉が売りの大島温泉ホテル」を巡りました。続きを読む

汗っかきで寒がりな人間のインサレーション考

20170209-DSC08362
おのれはつくづくわがままボディやなと感じるのが、家から駅まで歩くだけで汗だくになるのに、外でじっとしていると途端に寒さを感じる冷え性体質なところ。冬に限らず夏場でも日没後などで陥りがちなので、おそらく脂肪量が多く筋肉量が不足しているのでしょう。そんなピーキーな体には、濡れると保温力がガタ落ちする天然ダウンのインサレーション(防寒着・保温着)は向いておりません。続きを読む

平日なのに大型バス5台が満席〜伊豆大島椿漫喫Aコース

IMG_6042
東海汽船のはからいで訪れた13年ぶりの伊豆大島。前回は一人勝手に三原山お鉢巡りを楽しんだ模様をエントリしましたが、今回は椿まつりにあわせて東海汽船が催行するバスツアーに参加した様子をお届けいたします。続きを読む

13年ぶりの伊豆大島・三原山お鉢巡り

IMG_6428
椿まつりの開催にあわせ、東海汽船からのお誘いで伊豆大島を旅してきました。1日目は気のおけないツアーパーティーとともにワイワイ取材したのですが、2日目はわがままを言ってソロで大島温泉ホテルから歩いて三原山を目指し、火口を周回して元町まで下るハイキングにお出かけ。まんま逆ルートではありますが、実に13年ぶりのお鉢巡りを楽しんできました。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター、VRコンソーシアム事務局。→プロフィール詳細