熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

2013年11月

東京都現代美術館『クリスタライズ』でキラキラしてきた

crs
先日、東京都現代美術館で吉岡徳仁『Crystallize』を観てきました。ついでに同時開催の『うさぎスマッシュ展』と常設展もチェック。トップ写真はクリスタルで作られたベンチ『Rainbow Chair』の下でゆらめくミニくまちゃんです。続きを読む

ひらくPCバッグで今日からぼくもアルファブロガーだ!

evernote
マレーシア・サバ州の旅で「ネタフル」のコグレさんが使っているのを見てから、気になっていたSUPER CLASSICの「ひらくPCバッグ」。アルファブロガー御用達のバッグは、お値段2万円と気軽に買える値段ではないので、帰国後もう一度じっくり見せてもらい、良ければ買おうと考えていました。しかし、どうやら大人気のようで9月発売の第2世代は全型・全色売り切れ! 予約は一応受け付けているものの、デリバリーは2014年春と半年近く先です。「これは出遅れたわい」「もはや軽量素材でコピー品でも作るか」とあきらめかけていたのですが、某オクでほぼ新品を謳うEvernoe版の中古品が出品されていたので、ついカッとなって7000円近いプレミアム付きで落札してしまいました。続きを読む

レジェンドライター・ガスコン金矢氏に会う

DSC09247
昨夜は学研『500円でわかる』ムックシリーズでお世話になった編集者・市村さんの送別会に、呉さんや石井さんと参加してきました。そこでお目にかかったのが、ライターの金矢さんです。…金矢さん? 金矢さんてもしかして、ガスコン金矢さん!? ガスコンさんといえば『ファミコン通信』創刊メンバーじゃありませんか!続きを読む

タビンワイルドライフリゾート1日目〜雨のナイトサファリ

DSC00162
マレーシア・サバ州の旅3日目の午後は、ラハダトゥ空港からクルマで2時間のタビン野生動物保護区にある、エコリゾート施設「タビンワイルドライフリゾート」に連れて行かれました。前日ほとんど眠れないまま早朝にコタキナバルからラハダトゥまで飛行機移動して、即座にシラム山登山ざましょう? すでにヘトヘトなわけですよ。続きを読む

ミニふじちゃん1歳のお誕生日

DSC09233
ちょうど昨年11月23日に爆誕したミニくまちゃんのお友達、ミニふじちゃん。めでたく1歳のお誕生日を迎えるということで、たまたま同日に48歳となった藤井さんとお祝いしてきました。奇しくも去年とまったく同じ店で。続きを読む

2014年春『ミニくまちゃん展』やっちゃうヨ!

icon_mini
まだ会場も押さえていないし、中身は何にも決まってないんですが、このブログが3周年を迎え、ついでにぼくが40歳になる2014年4月に、東京都内で『ミニくまちゃん展』を開催しようとたくらんでいます。つまり、ミニくまちゃん3歳のお誕生会。続きを読む

今日のサブウェイ フラットブレッド ビーフパストラミ&エッグ〜スモーク醤油仕立て〜

DSC02748
マレーシア・サバ州に行っている間に日本で発売されたサブウェイの新商品。SUB MELT(サブメルト)に続くありがとうキャンペーン第2弾アイテムだそうで、薄ぺっちゃいパンにサンドイッチの具材を挟んだFLAT BREAD(フラットブレッド)と呼ぶそうです。18日から20日までの3日間限定でメール会員に100円引きクーポンが配信されていたので、遅ればせながら試してみました。パッケージは確かに平べったい。続きを読む

イヤホンチップ、タブレット手袋、インソール──地味だけど確実に生活の質を向上させるもの

6fc0abdd
近ごろ愛用している細かいグッズをいくつかご紹介します。ライムグリーンのイヤホンは蔓ヘッドホンのベースとしても愛用しているAKG Q350ですが、最近こいつに高城剛もオススメしていたイヤホンチップの「コンプライ T500」を組み合わせて利用しています。続きを読む

地震に備えて非常用電源兼ジャンプスターターを買っておく

NWT00022_01
昨日あたりから、またガツガツと揺れ始めた首都圏。念のためお風呂に水を張っておいたり、所有しているジャンプスターターを充電しておいたり…と一応の防災対策はしておくわけですが、肝心のジャンプスターターを放置しすぎたせいか、内蔵のバッテリーが消耗したらしく、ACアダプターを繋いでもまったく充電いたしません。続きを読む

サイゾーで山中知恵ちゃんインタビュー

DSC08894
11月18日発売の『月刊サイゾー 2013年12月号』巻頭で、ジュニアアイドル出身の山中知恵ちゃんのインタビュー記事を担当しています。「お前、それはただのロリコン趣味だろ」とツッコまれてしまうと元も子もないんですが、今年取材させてもらったグラビアアイドルの中では一、二位を争う可愛いさでした(もう一人は岸明日香ちゃんかな?)。続きを読む

900m足らずだけど意外とハードなシラム山トレッキング

DSC09992
マレーシア滞在3日目は「ネタフル」のコグレさんと別れて、国内線でサバ州東部の町ラハダトゥに向かい、883mの低山シラムに登ります。言うなればキナバル山のウォーミングアップ。あっちは4095mですからね「883mなんて楽勝っすよ」と向かったのですが…。続きを読む

六本木ヒルズからの夕焼け(そろそろ年パス期限切れ)

DSC09051
ミッドタウンのリッツ・カールトンで打ち合わせがあったので、その帰り久しぶりに六本木ヒルズのスカイデッキに行ってみました。そろそろ年間パスポートの期限も切れるのでできるだけ行っておきたい。続きを読む

クリアス川クルーズで旅カメラの限界を知る

DSC09806
午前中にマリマリ文化村を訪問したぼくとコグレさんは、次にコタキナバルからクルマで2時間南下した先にあるクリアス川のクルーズへと向かったのでした。その模様は「ネタフル」にてバッチリ現地レポートされているので、ぼくはちょっと違った視点で「旅カメラ」について考えてみたいと思います。続きを読む

意外と便利だったmophie juice pack helium for iPhone5

DSC00779
どうも買う気が起こらない」と言っていたiPhone用のバッテリーケースですが、結局注文してしまいましてね。マレーシア・サバ州の旅に持って行ったんですが──デザインを除き──これが思いのほか良かったんですよ。続きを読む

飲んで食って踊って!北ボルネオ先住民族のテーマパーク「マリマリ文化村」だよ

DSC09538
サバ州の州都・コタキナバルの中心部からクルマで30分の山間部にある、Mari-Mari Cultural Village。ここは30以上もの民族で構成される多民族ステイトであるサバ州ならではのテーマパークで、主要な民族の伝統的な生活様式を見学し、体験することができます。とはいえそれも旅行2日目(10月29日)のことなので、もはや記憶があいまい。というわけで「ネタフル」コグレさんの記事を参考に、記憶をひもといていきましょう!続きを読む

キナバルからフジヤマへ

DSC02649
マレーシア・サバ州から帰ってきた直後ですが、仕事で富士吉田に来ています。なぜか中国人向けの観光ガイド記事を書くという案件。続きを読む

あばよサバよ!その前に政府観光局直営のお土産屋「カダイク」に行っとくよ

DSC02378
サバ州政府観光局のご招待により、かれこれ10日間も滞在したマレーシアはボルネオ島サバ州ですが、ろくすっぽブログを更新せぬまま、逃げるようにして帰国しようとしているわけですが、その前にお土産を調達せねばなりません。そこでオススメなのが、サバ州政府観光局直営のスーベニアショップ「Kadaiku」ですよ。続きを読む

コタキナバルから船で15分「ガヤナ・エコ・リゾート」リベンジだよ

DSC02274
前回取材時には激しい雨に見舞われ撮影もままならなかったガヤナ・エコ・リゾート。フェリーターミナルから船で15分というコタキナバルからもっとも近い海上コテージ型のリゾートホテルです。今日は写真のように、めちゃくちゃ快晴でリベンジを果たしました。続きを読む

世界遺産のタマヒュンアクティビティ「ヴィア・フェラータ」後編

PB030302
マレーシアはボルネオ島にある世界遺産のキナバル山(4095m)で遊べる、アウトドアアクティビティ「ヴィア・フェラータ」。ロープとカラビナを使って、崖や吊り橋を突き進むという、思わずキャンタマ袋が縮み上がるマゾヒスティックなお遊びです。前編に引き続き、ロングコースの「ロウズ・ピーク・サーキット」の後編をお届けします。がその前に、前日の必修のブリーフィングの模様から。続きを読む

世界遺産のタマヒュンアクティビティ「ヴィア・フェラータ」前編

DSC01366
未明から3時間かけて4095mのキナバル山に登頂した直後、ぼくを待ち構えていたのは「ヴィア・フェラータ(Via Ferrata)」なるアウトドアアクティビティなのでした。イタリア語で「鉄の道」を意味するヴィア・フェラータは、第1次世界大戦中、イタリア軍とオーストリアによる険しい山岳地帯の国境線をめぐる争いの中で生まれた──鉄梯子やロープ、足場などを用いたエクストリームな──山行手段が、やがてスポーツへと昇華したもの。そして本場イタリア以外では、ここマレーシアでしか体験できないのだそうです。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター、VRコンソーシアム事務局。→プロフィール詳細