熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

2016年05月

世界遺産を繋ぐ旅〜キナバルから知床へ

image
先週までメタ暑いマレーシアはボルネオ島のサバ州キナバル山におりましたが、今週はぐっと北上して北海道は知床半島の付け根・羅臼に来ております。奇しくも世界遺産つながり。激しい寒暖差にメンタルまでやられそうですが葛根湯で迎え撃ち。続きを読む

2016年5月のお仕事情報『サイゾー』橘花凛さんインタビュー

DSC07318
遅ればせました。すでに発売されている『サイゾー 2016年6月号』巻頭にて、橘花凛さんのインタビュー記事を担当しております。本誌はラップ特集。ラップへの造詣が浅いぼくですが、the BOSS(THE BLUE HARB)、group_inouあたりは聴いています。続きを読む

みたびよたびコタキナバル

image
ミニくまちゃんの顔がやつれているような気がしなくもありませんが、昨年のサバ州観光大賞授賞式に引き続き、今回で4度目ですね、マレーシアはボルネオ島のサバ州に行って参りまーす(byマレーシア航空)! 今回は「ネタフル」コグレさんと小林昂佑くんとご一緒。しかもみんなで4000m峰のキナバル山に登ろうっちゅう魂胆です。詳しくはネタフル記事にて! いや、違うな、後ほど当ブログにてー。

おなかいっぱいナンヨ〜えひめいやしの南予博2016後編

DSC09145
写真は内子町での横尾忠則《Y字路》風です。そういえば前編で説明していませんでしたが、先日愛媛県南部で開催されている「えひめいやしの南予博2016」(3月26日〜11月20日)という観光キャンペーンを体験してきたのです。1日目は石垣の古都・大洲から宇和島の天赦園、愛南町でのプレミアムダイニングをお届けしましたが、2日目は滑床渓谷でのキャニオニング、松野町の棚田でのBBQ、そして明治時代のおもかげを色濃く残す内子町の街歩きをドロップいたします。続きを読む

いっち遠い四国〜えひめいやしの南予博2016前編

DSC08876
21世紀において辺境とは、東京から高速鉄道や飛行機を使ってもアクセスに5時間以上要する場所のことを言うのだと思います。体感だと和歌山県や鹿児島県の南部がそれに当たりそうですが、四国の南西部、すなわち高知県の西部、愛媛県の南予も負けていません。徳島県南部出身のぼくにしてみても、このあたりは地元から5時間以上かかるため、今まで片手で数えるほどしか訪れたことがない魔境。そんな東京からも四国からも等しく半日かかる場所へと旅してきました食べてきました癒やされてきました。続きを読む

北ホでヤマ始め〜α7SとPRW-6100を添えて

DSC08238
去年11月にヤマ仕舞いにと出かけた、日本最高所の山小屋・北アルプス北穂高小屋ですが、今シーズンのヤマ始めもここだな、と運動不足の中体に鞭打って出かけてきました。なにせ上高地からのアクセスがよく1泊2日で出かけられ、小屋から1分で穂高連峰から槍ヶ岳までぐるっと見渡すパノラマビューが楽しめるなんていうロケーションは、なかなかありませんからね。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター、VRコンソーシアム事務局。→プロフィール詳細