2010年9月25日金曜日の旅ログです。移動移動を続けてきた旅路でしたが、もう疲れも限界マキシボン。とにかくダラダラしたいので、この日の予定といえばエーゲ海でぷかぷかするくらいにしておきました。後から見返してみると確かに写真も少なめです(アップする写真は多いですよ)。

そんなわけでサントリーニ島のイアにて「何もしない日」です。
DSC08146
30ユーロほどもしたタイだかスズキだかの焼き魚。宿泊代は20ユーロなのに!
DSC08059
朝ご飯はシンプルにパンとラスクとコーヒーとオレンジジュース。
DSC08081
当時のモブログを読んだら朝は原稿を書いてたみたいですね。
DSC08075
ペンキを塗り直すおじさん。
DSC08055
MARKOS ROOMSの屋上テラスは気持ち良いのです。※拡大。
DSC08071
他のお部屋の様子。ここは部屋と部屋をつなぐ居間みたいな部屋。
DSC08065
大小さまざまな部屋数がありますが、多くはトイレとバスが別。
DSC08083
屋上からも入る部屋がいくつか。ぼくの部屋はシャワー付きにしては安すぎらしい。
DSC08085
宿のおばさんに教えてもらった北側のビーチに向かう。
DSC08087
ひたすら坂道を下るだけ。ひとけがなくて良い。
DSC08089
小さな海の家がひとつあるだけの砂利ビーチ。シンプル。
DSC08090
たぶん島の南の方にもっと派手なビーチがあるはず。
DSC08092
基本的にひなびたビーチが好きなのでここでプカプカするも、また曇り空に…。
DSC08096
なんだかこう肌寒い。
DSC08096b
拡大。
DSC08107
エーゲ海でプカプカのイメージと若干違ったかなと思いつつ海岸づたいに港へ。
DSC08122
海際ギリギリの通路。荒れたらどうするのか。
DSC08128
船の引き揚げポイントを見るとポニョを思い出します。
DSC08134
今日は贅沢してもいいと自分に許可したのでここでお魚をいただきます。
DSC08143
確かでもこれはいい時間だった気がする。15時とか。
DSC08144
来ました30ユーロの魚。今でも高すぎたと思います。食後にネスカフェ。
DSC08155
タベルナから歩いて昨日泳いだ岩場へ行ってみる。
DSC08172
飛び込みスポットもあったみたいですね。
DSC08181
さてと。そろそろ夕焼けタイムです。
DSC08184
またこの階段を登らねばなりません。
DSC08193
しかし、本日も厚い雲が…。
DSC08205
これが限界でしたかしら。
DSC08209
写真はないけどここにも呂さん参上!
DSC08216
人生初めての一人旅にビビる清水くん(左)と、早稲田で建築を学ぶ小林くん。
DSC08225
さっき魚を食べてた港がほら。あそこの港はぼく、好きです。
DSC08226
暮れなずむイアの街。ここに家買ったら高そうだな。
DSC08228
さらにまどろむフィラ方面。
DSC08231
2人をバス停まで送りながらイアの街を散策する。
DSC08232
日本へのコレクトコールがかけられる公衆電話。
DSC08233
夜ぶらぶら散歩するだけでも楽しい街ですよ。
DSC08239
今日のアイス、ステイタス。奇しくも明日行く宝石屋の名前を予言していた。
DSC08240
バスでフィラに帰る人たち。レンタルバイクで移動する台湾人の女の子たちもいましたよ。
DSC08244
さてと、一人だし何もすることないから帰るか。
DSC08247
完全無防備なサントリーニ犬。
DSC08249
今までずっとMARCOSだと思ってたけど、MARKOS ROOMSが正しかった模様。
DSC08251
この素敵なお部屋とも今夜でさよならですね。

明日はミコノス島へ移動します。