ぼくも野外フェスに初めて行ったときは、見るもの食べるものすべてが新しく、フェス屋台やべーな、うめーなウホホーイ!なんて思っていたんですが、それも何度か通うとだいたい同じ業者がやっていることに気づき、値段の高さに反比例した量の少なさに憤り、うまいと思ったのはフェス効果で実は大してうまくないことに辟易するようになったのです。
しかし!

ナチュラルハイのフォレストステージにある山形料理の音茶屋、その山形牛肉弁当は違いました。

柔らかい山形牛とラム肉がこれでもかと白米の上を舞い、ミョウガの浅漬けとだしが脇を飾る。お値段こそ800円と安くはありませんが、肉質といい、味付けといい、これは儲けがあまりないはずなレベルの完成度なのです。

基本的にフェスめし(笑)をディスるぼくが言うのですから間違いありません。ちなみに写真は2食目で、ラム肉とミョウガが売り切れたようでした。それほどまでに人気! 唯一商品写真を出していないにもかかわらず。

音茶屋は蔵王町のフリーフェス「龍岩祭」のオーガナイザーがやっているカフェのようですね。帰宅後もちっとインフォメーション掘ります。

ともあれうまし、山形牛肉弁当。高精細フォトも帰宅後にチェゲラーッ!です。