img_hard
先ほどのまさん( @noma )のTweetで思い出したんですが、本日から始まったニンテンドー3DSの本体更新で、「Nintendo eShop」「インターネットブラウザー」「DSiから3DSへのデータ引っ越し」が使えるようになるんですよ。しかも7月31日までは『3Dクラシックス エキサイトバイク』が無料でダウンロードできます。ぼくも慌てて適用しました。
ネットブラウザも、ソフトの紹介や販売などを行うショップ機能も、すでにニンテンドーDS(i)時代から存在していたものなので特に目新しくはありません。

でも例えばブラウザなら、これまで単に「閲覧(ブラウズ)」機能中心だったものから、ネット上でダウンロードしたり自分が撮影した写真などを、ブログやSNSなどにアップロードする、ちょっとした編集機能が加わっていたりして、DS時代よりはやや使えるようになったのかなという印象です。ただ、スマホに比べるとまだまだ機能は少ないし、処理も遅いし、解像度も足りないしで、本当にこれを使いたおす人は小中学生以外にどれだけいるのか謎ではあります。Wiiの勢いがとんでもなかった頃に、YouTubeを快適に閲覧できるサイトができて話題になりましたが(今ではYouTubeじたいがWiiに最適化されるよう対応しちゃいましたけど)、あんな感じで3DS用に最適化した表示がウェブサービス側で対応するかどうかが普及のカギのような気がします。

しかしPSPに入ってるブラウザも含めて携帯ゲーム機のブラウザはメモリも少ないし使いものになりませんよね。このブログも3DSブラウザではトップから全てのデータを読み込むことができませんでした。トップが重すぎるのかもしれませんけども。

もうひとつ「なるほどな」と思ったのがニンテンドー eショップです。

ここはWiiやDS同様に、3DS用のソフトを購入できるだけではなく、これから発売される任天堂ハード関連のソフト情報をチェックしたり、独自のコンテンツ(今回配信分でいうと『ゲームセンターCX』の特別版)を視聴したりできるんですが、特に3DS用ゲームの3D版予告編や3D版プレイ動画は、3DS上でしか見られないので、ここでの配信は意味があるなと思った次第です。いやむしろ「なるほどな」じゃなくて、「そりゃ、やんなくちゃな」って感じですかね。逆に言えば、3DSゲームの魅力は3DSを買わないとわからないというジレンマが露呈しちゃってるってことなんですけどね。

そんなeショップですが、ファミコンのエキサイトバイクを3D仕様にしたソフトが通常600円のところ、7月31日までの限定で無料にてダウンロードできます。これはぜひゲットしておきたいですよね。他にも『オセロ3D』や『ゼビウス3D』などの「それって3Dにする意味あったっけ?」な謎のオリジナルソフトから、懐かしのゲームボーイの白黒ソフトのバーチャルコンソールまで、さまざまなソフトを購入することができます。『スーパーマリオランド』とか泣けますね。初代ゲームボーイの『スタンド・バイ・ミー』風CMは当時の自分にぐっと来るものがありましたよ。
IMG_0221
早速ぼくも埃をかぶりまくっていた3DSを引っ張り出し、本体更新→『エキサイトバイク』をインストール!してみたんですが、基本的にあんまり得意じゃないこともあって、すぐに飽きてしまいましたよ…。面白いのは3Dの深さを調節するボリュームで、背景が手前に迫ってきたり、奥に引いたりするところですかね。

これで何より『スーパーマリオブラザーズ』が遊びたいですよ。もちろん開発してると思いますけどね。『ゼビウス』も買っちゃおうかなと思ったんですが、3Dプレイ動画を見て目が死にそうになったのでやめておきます。

あと地味にDSiで購入したDSiウェアが、3DSに引っ越しできるようになってますね。DSi→DSi LLに乗り換えた人や、3DS購入を機にDSi LLを売り払っちゃった人は涙目っていうか、どっちもそれってぼくのことなんですけどね! 悔しい…。せめて本体とクラブニンテンドーのIDをひもづけて何度もダウンロードさせてくれればいいのになって思うんですよ。

関連リンク
「本体更新」のお知らせ|ニンテンドー3DS
ゲームボーイのCM|YouTube