P1150286
週末は天気があまりよろしくないとの予報を聞き、高い山に行くのは自粛していたのですが、本来雨だったはずの土曜の空がギリギリもつというので、トレーニングがてら近場の低山に行ってきました。そこは、元R25編集部の大狼さんが寝過ごしては送り込まれる東京発の中央線終着駅・大月。駅の裏にそびえる断崖が特徴的な岩殿山でございます。標高634mとスカイツリーと同じ高さです。写真は「稚子落とし」という不吉な名所で昼寝中のひとコマ。今回は低山だからとNEX-5N+SEL18200を持って行かなかったので、LUMIX DMC-FT1の写真ばかりです。せめてXZ-1を持って行けば良かったかもしれませんがさほど後悔しておりません。
P1150175
大狼さん行きつけの大月駅構内にある清流そばにて吉田うどん。こいつあヘビーだぜ。
P1150177
粉っぽい吉田うどんに胃液を吸収されながら、いざ岩殿山に出発。
P1150181
中央道でいうと、大月JCT手前にある下りの分岐点あたりです。
P1150186
岩殿山じたいはほぼ階段を登り続けるルート。観光客でも登れます。
P1150194
中腹にあるビジターセンター、岩殿ふれあい館周辺。
P1150212
どんどん端折りますが、つづら折りの山道を登って頂上へ。
P1150203
駅から小一時間で登頂。楽勝です!
P1150209
大月の街を見下ろすパノラミックビュー。以前登った高川山も見えます。
P1150221
岩殿山から少し下山し、兜岩・稚子落とし方面に向かうと急に険しくなります。
P1150239
ちょっとデンジャラスな登山を少しだけ楽しめます。
P1150244
クサリ場もけっこうあるので、うっかりすると死ねます。
P1150249
兜岩エリアを抜けてひと息。寝てないので少し仮眠。
P1150258
さらに歩いて稚子落としを見上げるスポットへ。この断崖絶壁感はやばい。
P1150267
岩殿城から追われた姫が泣く稚児を崖から落としたという稚子落とし。
P1150269
稚子落とし到着。何メートルあるのかわかりませんが、落ちたら確実に死ねます。
P1150281
ファイントラックが張りつくのでチンポジを補正。岩に体温を奪われてgkbr。
P1150296
本日の山ファッション。昔買ったユニクロの機能性タイツを履きました。
P1150304
帰りは栗とかクルミを拾いながらキンモクセイの香る里道を歩いて駅へ。
P1150313
サトちゃんに有料遊具バージョンなんてあったんですね。
P1150324
ダイエー隣の本格格安インド料理屋。Bランチ880円でマトンと豆のカレーを選択。
P1150334
小粒な栗ばかりでしたが本日の成果。栗ご飯にでもすっかな。

そんなわけで岩殿山周辺は、約3時間半~4時間くらいで回れてしまうお手軽な登山ルートでした。岩殿山じたいはきっと誰かが毎朝散歩がてらに登ってるんだろうなあと思わせる、地域の人に愛される裏山で、「こんな本格登山スタイルで入山して恥ずかしい」と思ってしまったんですが、岩殿山から稚子落としに至る道はけっこう険しいのでなめてはいけませんよ。ただ、そうですね、スニーカーとペットボトルの水があればなんとかなります。飯抜きでもどうせ4時間ていどですもの。

天気の良い日は岩殿山や稚子落としから見る富士が絶景なことでしょう。そこで昼寝したり、ご飯作って食べたりしてもよいかもしれませんね。

【追記】
DSC03202
後日栗は栗ご飯としておいしくいただきました。

関連リンク
岩殿山城