20161207-IMG_4510-2
長野県は軽井沢のとなり、小諸にある藤村ゆかりさん(写真)という女将が切り盛りする宿に行ってきました。嘘。「ふじむらゆかり」ではなく、「とうそんゆかり」です。明治の文豪・島崎藤村が足繁く通った宿なのです。

新宿から2時間半。高速バスなら片道2600円。
20161207-IMG_4509-2
浴衣をのれんがわりに使ったエントランスがオシャンティー。
20161207-IMG_4511-2
女将がバイク乗りなので屋根付きバイク駐車場を完備しております。嬉しいね。
20161207-IMG_4512-2
ひとまずランチへとやって来たのは、裏手にあるはりこし亭
20161207-IMG_4513-2
北国街道にあった旧家を移築した古民家レストランです。
20161207-DSC04580
夜は完全予約制ですが、たまにイベントやライブも開催するとか。
20161207-IMG_4514-2
メニューは旬の地のものを使った花かご御膳に──。
20161207-DSC04588
信州といえばやっぱり、お・そ・ば。
20161207-DSC04600
グツグツと煮た野菜鍋の中にお蕎麦を投じる、信州の郷土料理「おにかけ蕎麦」です。
20161207-IMG_4517
忙しい農家のサクメシだったそう。ゆえにお蕎麦はゆでそばなのよね(コシレス)。
20161207-DSC04597
シコシコを楽しみたい方は通常のお蕎麦がオススメ。天使の海老天がうめえ。
20161207-DSC04594
それにしても面白いのはここんちの座布団ね。2枚分がつながってるのよ。
20161207-DSC04595
「長座布団」の使用例。食後の昼寝がはかどります。
20161207-DSC04622
こだわりの料理を手がける横田料理長とパチリんこ。ごっちゃんです。
20161207-DSC04628
夕食まで時間があるのでマンズワインのワイナリーにやってきました。
20161207-IMG_4520
敷地内にカイリューがいてビビる。さすがキッコーマングループ。
20161207-DSC04626
ワインには明るくないのですが、ひと言でいうと「ワインは農業」だそうです。
20161207-DSC04631
つまり、ワインに適したぶどうさえ作ることができたら美味しいワインは作れる!
20161207-DSC04632
この銘柄知ってる!舌を噛みそうなやつ。
20161207-DSC04637
工場長の話を曲解すると、安いワインの売上げで高級ワインの赤字を補填しているみたい。
20161207-DSC04634
さすが工場長、足もとまでワインレッドの心。
20161207-DSC04640
敷地内の日本庭園・万酔園へ。亀甲萬ゆえ、くどいほどの「万」推し。
20161207-DSC04646
そこでダンジョンへの入り口を見つけました。ザッザッザ(ドラクエ風SE)。
20161207-DSC04650
こちとらVIP専用の地下セラーです。民衆は1年に1回、収穫祭の時だけ入れます。
20161207-DSC04663
その最深部はショッカーのアジトよろしく、書架付きのダイニング。悪そう…。
20161207-DSC04672
続いて工場見学。残念ながら処女が裸足でぶどうを踏みつぶす工程はないようです。
20161207-DSC04681
おたのしみお土産コーナー。ミニくまちゃんサイズのワイン樽。
20161207-DSC04683
さらに、採算度外視で作った高級ワインの数々を飲まさせていただきましたっ(←誤用)。
20161207-DSC04685
うーん…わかんねえ。猫に小判、熊にワイン。
20161207-DSC04691
実は中棚荘もぶどう畑を持っていて、マンズワインで製品化してもらっているとか。
20161207-DSC04694
いずれ自社ワイナリーを建設するそうです。浅間山・八ヶ岳・北アを望む絶好の地。
20161207-DSC04704
続いて小諸城の視察にやってきました。
20161207-DSC04702
小諸の町は、お城より城下町の方が高い、穴城(あなじろ)なる形態なんだとか。
20161207-DSC04712
1日目は城下町を散策。さむむっ!
20161207-DSC04725
おしっこも我慢してたので、すみません、ガイドさんの話を聞いてませんでした。
20161207-DSC04741
こちらは藤村が使っていた井戸でございます。藤村のトイレはどこ?
20161207-DSC04748
ガクガク震えながら中棚荘に戻る。
20161207-DSC04750
暖炉があるラウンジ。あったけえ。
20161207-DSC04753
ひとまずお部屋に通させていただきます(←)。こちら平成館の和洋室。
20161207-DSC04754
男3人で泊まったんですが、めちゃくちゃ広い。
20161207-DSC04756
奥の間にはこたつ。少なくとも6人は寝られそう。
20161207-DSC04761
冷えた体をあっためるべく、いよいよりんご風呂(本題)へと向かいます。
20161207-DSC04768
畳敷きの脱衣場とシームレスにつながる浴場が、エキゾチックジャパン。
20161207-IMG_4547
りんごを浮かべた、初恋りんご風呂は10月から5月まで。それにしても写真がひどい。
20161207-DSC04780
お風呂上がりはお楽しみのご飯!大正館へ。
20161207-DSC04783
最近何かとご一緒することが多い、西村愛パイセン。熟女の浴衣エロス。
20161207-DSC04786
では、ルネッサンス!(勇気)
20161207-DSC04790
ここでも横田料理長の腕が光ります。鯛の松皮造り。
20161207-DSC04791
イカ・海老の酒炒りの雲丹チーズ和え。もはや一心同体、プリン体。
20161207-DSC04792
アマダイ、ヒラタケ、レンコンの朴葉焼き。
20161207-DSC04795
イカズブログによると、鶏肉の酒粕鍋だそうです。はい、全部このブログからパクった。
20161207-DSC04798
なかなか好印象だった気がする、揚げそばがき。ネパールのツァンパを思い出す。
20161207-DSC04799
海老芋、あん肝、炒り豆腐のポン酢がけ。
20161207-DSC04802
天ぷらは塩で食べる派です。なぜ揚げたものを出汁に浸すのか?カツ丼は認める。
20161207-DSC04804
破滅に向かって──シメ飯までたいらげてしまいました。
20161207-DSC04806
初恋りんご風呂と交錯する焼きリンゴとリンゴアイス。
20161207-DSC04796
最後に女将の藤村ゆかりさん(嘘)とのツーショット。ごちそうさまでした。
20161207-DSC04808
ラウンジにて熟女とおっさんたちの夜は更けてゆくのでした。

この時のカメラ機材はまだα7S+SEL1635Z(F4通し)だったせいか、全体的に画が暗く、中棚荘の魅力を十全に伝えられていないのでないかと反省しきり。もう1回行けたらなあ…、というのは冗談として、ともあれワイナリー見学や小諸城散策もよいのですが、日がな1日のんびり宿で、ゴロゴロして初恋りんご風呂に入ってご飯を食べて…を3万回くらい繰り返すだけでいいのではないかと思う次第です。そして横田料理長(女将の娘と結婚)がいつ寝ているのか心配しちゃうほど、仕事が細かく働きづくしなのが気がかりです。

つづく。

関連リンク
【公式】中棚荘 | 信州小諸 島崎藤村の宿
マンズワイン | キッコーマン ホームページ
信州こもろ「小諸市観光協会」浅間山・千曲川、小諸城址・懐古園