IMG_9626
ぼくたち結ばれました、といってどれだけの人に伝わるか。さてさて、この夏訪れた島根県は出雲地方の旅をお届けします。出雲といえばなにをおいても出雲大社がフューチャー(誤用)されがちですが、それだけにとどまらない出雲の魅力を思い知らされました。
20170622-DSC04561
でもやっぱ旅の始まりは出雲大社。スタバがおしゃれ。
20170622-DSC04555
こちら竹内まりやが継いだ実家の旅館。
20170622-DSC04563
出雲大社は9年ぶりです。
20170622-DSC04571
ムスビの御神像。大国主命とおむすびの関係を描いています(嘘)。
20170622-DSC04575
ともあれ、お手々を洗って。
20170622-DSC04579
参ります。
20170622-DSC04587
ホトカミ代表の吉田くんによる『鳥』。
IMG_9633
ほんで、本殿。
IMG_9634
みこさーん!なお、本殿で祀ってる神様を知ると「不倫は文化」だと痛感します。
20170622-DSC04602
裏手にある素鵞社(そがのやしろ)は出雲独特の大社造。田の字で柱が立ってます。
20170622-DSC04605
御神輿みたいでもある。
20170622-DSC04603
こちらの砂はこの後登場する砂浜のもの。甲子園の砂ばりに価値があるとか。
20170622-DSC04607
さらに本殿の裏にはイナバウワーの白ウサギ。神主さんの趣味らしい。
20170622-DSC04622
かつてはコインを入れる人が断たなかった神楽殿は無理ゲーに。
IMG_9637
そうそう、ポケGOは禁止ですよ、ぼくちゃんたち。
20170622-DSC04633
お隣に移動。
IMG_9638
かつて出雲大社と分割された出雲教の北島さんがございます。
IMG_9639
なんとなく出雲大社よりヘブンリーな気に充ち満ちている。
20170622-DSC04647
ずっと「ちのわ」だと思っていた「かやのわ」もござい。
20170622-DSC04649
さらにそのお隣にはパワスポとして有名な命主社(いのちぬしのやしろ)のムク。
IMG_9629
荒神さまにもご利益いただきますよー、ペシペシ。
20170622-DSC04656
歩き疲れたので出雲ぜんざいを頂戴。同じ顔をしている。
20170622-DSC04675
ランチは大社にほど近い出雲そばの名店「きずき」へ。
20170622-DSC04665
冷たいとろろそば(750縁/3段〜)。ちくわみたいな野焼きが独特です。
20170622-DSC04671
さらにおかゆみたいな釜揚げそば(750縁〜)も。お湯に出汁を入れていくスタイル。
20170622-DSC04679
おなかを抱えてやってきたのは、全国の神様が上陸するという稲佐の浜。
20170622-DSC04685
近くには神々のコンベンションセンターがあります。
20170622-DSC04695
さらに足を伸ばして、日御碕(ひのみさき)までやってきました。
20170622-DSC04694
日本海を臨む絶景。2時間ドラマの撮影がはかどりそうです。
20170622-DSC04688
「日が沈む聖地 出雲」として日本遺産に登録されました。
20170622-DSC04770
夕焼けハンターとしては聞き捨てならず、日没時間にあわせて再訪。
20170622-DSC04786
ぬい撮りたちが待ちかまえます。
20170622-DSC04784
この日は少しもやっとしてましたが、それでもかなりのもの。
20170622-DSC04777
島根は東京に比べると日没時間が遅いんですよ。
20170622-DSC04795
問題は日没までいるとバスの時間に間に合わないことでしょうか。
20170622-DSC04709
時間を巻き戻して、日御碕神社にやってきました。
20170622-DSC04708
初めてだわーと思ってたら9年前にも来てました。
20170622-DSC04714
人の記憶なんてあてになりませんね。これは出雲土鈴ゆうらしいですわ。
20170622-DSC04727
続いてやってきたのは出雲民藝館。フォントがいい。
20170622-DSC04748
この長屋門は延享3年建造だとか。何年前か。
20170622-DSC04738
実は持ち主の山本さんがいまだに住んでいる母屋。こっちは立入禁止よ。
20170622-DSC04733
公開されているのは明治12年築の本館と、西館。
20170622-DSC04728
このときは「舩木研兒展」が開催中でした。
20170622-DSC04729
可愛い干支の絵皿。
20170622-DSC04744
続いて西館。これは出雲スタイルの釣鐘火鉢。
20170622-DSC04745
鶴と亀の文字をあしらった祝凧のミニチュアもあります。ミニくま飛ばしたい。
20170622-DSC04749
民芸つながりで出西窯にやってきました。
20170622-DSC04750
昭和22年、柳宗悦に感化された若者が立ち上げた陶窯です。
20170622-DSC04755
工房は見学自由。
20170622-DSC04760
たまたまこの日は火入れ。厳かな儀式に立ち会えました。
20170622-DSC04766
工房のお隣では展示販売コーナーも。柳宗悦ディレクションの陶器もあるでよ。
20170622-DSC04768
コーシーと生姜糖をいただきながらじっくり選べますで。
20170622-DSC04811
今宵のお宿は美肌の湯として有名な玉造温泉の佳翠苑 皆美。
20170622-DSC04808
やわらかいお湯もさることながら、ここんちの売りはとにかく食事。
20170622-DSC04809
大型旅館とは思えない丁寧な仕事が楽しめます。
20170622-DSC04814
うますぎて手が震える。出雲出身のお友達も興奮気味。
20170622-DSC04807
島根和牛の焼きしゃぶ。
20170622-DSC04813
みぞれおろしで。
20170622-DSC04806
こうしたお料理にくわえて50種類以上のビュッフェも別途ございます。
20170622-DSC04819
シメをくくるのは同館名物の鯛飯ではなく、鯛のしじみ味噌茶漬け。でもウマ。
20170622-DSC04821
遅い時間にチェックインしたにもかかわらず素晴らしいお料理の数々でした。
IMG_9666
当然、お風呂も素晴らしいのですわ。
IMG_9671
内湯と外湯がシームレスにつながる大浴場・木肌の湯。
IMG_9667
いやー、盛りだくさんの1日でした。言うことがありません。おやすみ。

旅は奥出雲へと続きます。

関連リンク
出雲大社
出雲大社北島国造館 出雲教-入口-
命主社|出雲観光ガイド【出雲観光協会公式ホームページ】
「日が沈む聖地出雲」が日本遺産に認定されました! | 出雲市
出雲民藝館 | 島根県出雲市
~くらしを彩る器たち~ 出西窯
島根の宿泊施設なら|玉造温泉の宿・旅館 佳翠苑 皆美[公式ホームページ]