熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

本と映画

2018年春・吉祥寺book obscuraにて『ミニくまちゃん展』開催決定!

2017-10-03-17-52-07
2年前に「ミニくまちゃんの5歳のお誕生会やるよー」と宣言しましたがすみません、あれは嘘です。会場が決まらなかったのと、資金を使い込んだのとで、結果的に嘘になりました。が、今度こそは本当です。なぜならギャラリーのオーナー自身からオファーがあったから。そこが吉祥寺に本日オープンした写真集専門書店&ギャラリー「book obscura」です!続きを読む

3年半ぶりの続編『LIFE PACKING 2.1』(高城剛)を読んで

LP21
永遠のミニマリスト&ノマドワナビーの熊山です。荷物は増え続ける一方で、自宅に引きこもるばかりです。そんなぼくに活を入れんとす書物、その待望の続編が3年半ぶりにリリースされていたので、早速Amazonで購入しました。高城剛氏のEDCを下着に至るまで衆目にさらす『LIFE PACKING 2.1』。そういや前作は紙の本を“裁断・エンド・スキャン”でシコシコ自炊したものでしたが、今回はKindleでポチって2分でダウンロード。隔世の感があります。続きを読む

3年ぶりにKindle Paperwhiteを買ったわけ

DSC04899
日本上陸時に購入し「ダミだこりゃ」と速攻で売り払ったAmazonの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を、3年ぶりに買い直しました。当時処分した理由とともにどうして購入したのか、自問自答してみましょうそうしましょう。続きを読む

毎春恒例スーパーヒーロー大戦、今年は『仮面ライダー3号』だよー

DSC02570
トップはピンボケしまくりですが、なんかいろいろ問題ありそうなので、あえてそういうのをチョイスしときました。ちゃんとした画像は撮影を担当したネット記事「ライダー姿を披露!及川光博「ミッチーじゃいられない」「映画仮面ライダーBLACK役の倉田てつを『熱烈にくどかれた』」をご覧ください。NEX-6+SEL18200で頑張りました。続きを読む

『365日のシンプルライフ』で考える最低限必要な100個のモノ

2013-02-07-11-37-37
本日観た映画『365日のシンプルライフ』。物質主義にどっぷり浸ったフィンランドの青年が、すべての持ち物を倉庫に預け、1年間1日1個だけ持ち帰れるという生活を記録したドキュメンタリーです。初日は裸で真冬の町を走り抜けコートをピックアップするほどの徹底ぶりながら、弟に食料を買ってきてもらうなどやや抜けてるのはご愛嬌。続きを読む

10周年を迎えた『R25』で比嘉愛未さんインタビュー

_DSC1974
創刊間もない頃から編集・ライターとして関わらせていただいた『R25(アールニジュウゴ)』が、本日7月3日配布の通巻353号で10周年を迎えました。おめでとうございます。創刊は2004年7月1日なので、同時期に会社を設立したショートカットやノオトも10周年。当然ライターとして独立した自分もまた10周年。多くのR25スタッフにとって、大きな節目ですね。続きを読む

『terminal 02』刊行記念・谷口京トークショーに行ってきたんだよ

DSC01691
今夜は“大人のヴィレッジ・ヴァンガード”代官山蔦屋で開催される、『terminal 02』刊行記念イベントに行ってきました。写真家・谷口京さんがネパール・アンナプルナ撮影取材の舞台裏を語るトークショーです。続きを読む

『焼き肉屋で最初にタンを注文する女は合コンでモテる!』発刊イベントの顛末

DSC01453
先週水曜に告知しました、下北沢B&Bでのトークイベント「ディグラム木原×恋愛ライター熊山准『ミニくまちゃんとディグラムデータで語る“女のモテ”とはなんなのか?」。ご報告が遅れてしまいましたが、無事にイベントを終えることができました。日曜日の陰鬱な時間帯にわざわざお越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました。続きを読む

映画『LIFE!』を観て痛感したこと

life
ランキングを付けられるほど今年は映画を観ていないんですが、それでも『LIFE!』は暫定1位と言って差し支えのない佳作でした。この映画を観て痛感したのは、『ライフ』誌の「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」というスローガンもさることながら、以下の2つ。続きを読む

ぼくのフジロック童貞を奪ったTYPEFACE渡邉民人さんと10年ぶりに再会する

DSC00194
『ノマドライフ』(本田直之)や『自由な働き方をつくる』(常見陽平)、そして間もなく発刊される『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』(日野瑛太郎)など、ネット住民なら誰もが一度は目にしたことがある話題の書籍のデザインを数多く手がける、気鋭のデザイナー・渡邊民人氏に、チョー久しぶりにお会いしました。実はバンダイのおもちゃ開発者・高橋晋平さんの著書『∞(むげん)アイデアのつくり方』のデザインも渡邊さんの仕事で、お二人はまだお会いしたことがないとのことだったので、出会いをアレンジメントさせていただいた次第です。続きを読む

レジェンドライター・ガスコン金矢氏に会う

DSC09247
昨夜は学研『500円でわかる』ムックシリーズでお世話になった編集者・市村さんの送別会に、呉さんや石井さんと参加してきました。そこでお目にかかったのが、ライターの金矢さんです。…金矢さん? 金矢さんてもしかして、ガスコン金矢さん!? ガスコンさんといえば『ファミコン通信』創刊メンバーじゃありませんか!続きを読む

フランスから一時帰国した『世界婚活』マダム中村綾花を囲む会

IMG_4757
タイトルそのまんまなのですが、おなじみ『世界婚活〜恋愛のガラパゴスから抜け出す。』の著者であり、現在はフランス人の日本人妻としてパリ在住の中村ちゃんが、イベントのため一時帰国するというので、ノオトの面々と囲んでワイワイしてきました。続きを読む

荒木飛呂彦氏に会いに仙台に行く

画像1
我ながら見事な老害っぷりですが、こちとら小学校3年生の頃にジャンプで『魔少年ビーティー』が連載開始された頃からの荒木飛呂彦ファンでして、超絶カッコいい『バオー来訪者』がたった20週で終わっても、『ジョジョの奇妙な冒険』が巻末をうろうろしていた時でも、常に初版本を買い支えてきたという自負があるだけに、近ごろのにわかジョジョブームとば距離を置いているのですが、今回東北大学のホームカミングデーの仙台セミナーに同校OBの藤井さんと荒木飛呂彦氏がイベントを行うとのことで、「いよいよ、時は来た」と夜行バスで一路仙台へと向かったのでした。続きを読む

藤井直敬『拡張する脳』アウトなう!

DSC07175
ご近所友達の藤井さんが新刊『拡張する脳』を新潮社から出されたので失敬しました。カバーと帯が半透明で、本体表紙には「する」という文字しか印字されておらず、「拡張 脳 藤井直敬」がカバーに、山中俊治さんや養老孟司さんの推薦コメントをはじめ「FUJII NAOTAKA 新潮社」などのクレジットが帯に、それぞれ入っており、レイヤーのように重ねると、書名が浮かびあがる凝った装丁デザインです。つまり、自炊が大変です。続きを読む

『スティーブ・ジョブス』試写会に行って来たんだよ

original
本日は、いつもガジェットレビューを書かせてもらっている『Mac Fan』編集部のご厚意で、11月1日公開の映画『スティーブ・ジョブス』の試写会にお呼ばれしてきました。アップルの創業からApple Ⅱの成功、そしてMacintosh OSの開発、そして追放──さらにはCEOとしての復帰とiPod発表まで、ジョブスの栄光と挫折の人生を描いた伝記映画です。続きを読む

高城剛・著『LIFE PACKING』をいただいたんだよ

P7310023
おとついのことですが、久しぶりに『ボクらの玩具』編集担当の晋遊舎・加藤真也さんに会って、ガジェットやアウトドア関連の情報交換をしました。その際にいただいたのが『ボクらの玩具』と同時期に彼が編集していた高城剛の『LIFE PACKING』です。続きを読む

劇場版ウィザード・キョウリュウジャー製作発表会のお土産

DSC02795
昨年の『劇場版フォーゼ・ゴーバスターズ』に引き続き、恒例の製作発表会のお土産エントリです。8月3日公開。続きを読む

映画3本と夕焼け巡り

DSC01655
梅雨入りしたわりには爽やかに晴れて、登山日和だった週末ですが、映画1000円デーが重なったこともあり、土曜日は映画、日曜日は10km超の散歩でお茶を濁しました。続きを読む

京劇三国志『趙雲と関羽』を観てきたんだよ

IMG_3373
数年来、一度生で観てみたかった京劇を、東京芸術劇場で体験して参りましたの。続きを読む

映画1000円デーなのデー『スーパーヒーロー大戦Z』などを観るデー

DSC09264
当初の予定より早めに下山してきたので、今日はファーストデーを利用し『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』を観てきました。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター、VRコンソーシアム事務局。→プロフィール詳細