熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

キナバル山

震災復興キナバル追悼登山〜マレーシア・ボルネオ島サバ州の旅3

DSC00125
みなさんもう忘れちゃったかもしれませんが、昨年2015年6月5日にマレーシア・ボルネオ島のサバ州にてM6の地震が起きまして、震源にほど近いキナバル山では大規模な地すべりや落石が発生し、奇しくも朝7時とほとんどの登山者が行動する時間帯だったことでたくさんの死傷者を出しました。とりわけ多かったのがぼくも以前体験したヴィア・フェラータで、シンガポールから来た大勢の小学生や日本人の若者が亡くなっています。その震災から1年、世界遺産でありサバ州の貴重な観光資源であるキナバル山が、いかに復興したかを確認する旅が今回のテーマのひとつ。単なるあごあしまくら付きの旅行じゃないのですよ! ちなみに登山1日目の記事はこちら続きを読む

標高4000mの世界遺産へ〜マレーシア・ボルネオ島サバ州の旅2

DSC09822
マレーシアの旅2日目にして、いきなりメインイベントであるキナバル山に登ります。富士山よりも高い4095mのキナバル山は、東南アジア最高峰のひとつ。世界自然遺産ゆえに登山者は厳しく制限されておりまして、1日にたった130名しか入山することができません。これは途中にある登山基地ラバン・ラタのベッド数が限られているため。2年半前に登った時は180床でしたが、昨年6月の大震災により山小屋が倒壊したためさらに狭き門になっているのです。当然、登山道も崩落しておりまして、ようやく復旧したのが昨年暮れ。今回はその復興したキナバル登山道をこの目で確かめるべく、ミニくまちゃんが視察にうかがったという次第です。続きを読む

みたびよたびコタキナバル

image
ミニくまちゃんの顔がやつれているような気がしなくもありませんが、昨年のサバ州観光大賞授賞式に引き続き、今回で4度目ですね、マレーシアはボルネオ島のサバ州に行って参りまーす(byマレーシア航空)! 今回は「ネタフル」コグレさんと小林昂佑くんとご一緒。しかもみんなで4000m峰のキナバル山に登ろうっちゅう魂胆です。詳しくはネタフル記事にて! いや、違うな、後ほど当ブログにてー。

東南アジア最高峰・世界遺産キナバル山をやんわり下山!その5

DSC01642
キナバル山への登頂後、ヴィア・フェラータを楽しんだミニくまちゃん御一行様。体力があればこのまま下山しちゃうところですが、当然そのような体力を持ち合わせていないので、再びラバン・ラタにお泊まりします。というわけで、キナバル登山最終回です。続きを読む

東南アジア最高峰・世界遺産キナバル山にやんわり挑む!その4

DSC01286
4095mの東南アジア最高峰のひとつ、マレーシアはサバ州の世界遺産キナバル山に無事登頂した、ミニくまちゃん御一行は、山頂からのランドスケープをひとしきり楽しみ、ヴィア・フェラータへと向かうのでした。続きを読む

東南アジア最高峰・世界遺産キナバル山にやんわり挑む!その3

DSC01224
マレーシアはボルネオ島のサバ州にございます、東南アジア最高峰のひとつ世界遺産キナバル山の登山記録その3です。前回はアタックのための前泊地ラバン・ラタ(3272m)までをお送りしましたが、2日目となる今回はいよいよ4095mの頂を目指します。午前2時起きです。続きを読む

東南アジア最高峰・世界遺産キナバル山にやんわり挑む!その2

PB020247
マレーシアはボルネオ島のサバ州にある、東南アジア最高峰のひとつ世界遺産キナバル山(4095m)の登山記録その2でございます。前回は登山口ティンポホンゲートから約4km地点までをお届けしましたが、引き続き目的地ラバン・ラタを目指します。1日目の移動距離は6kmなので、残るは2kmのみながら、ここから登りが急になり、岩稜地帯もやや増えます。続きを読む

東南アジア最高峰・世界遺産キナバル山にやんわり挑む!その1

DSC00937
かれこれ3カ月も前の話になりつつありますが、2013年11月2日から4日まで、2泊3日で出かけてきたマレーシアはボルネオ島のサバ州にある、東南アジア最高峰のひとつ世界遺産キナバル山(4095m)の登頂記にいよいよ取りかかりたいと思います。ちなみにマレーシア滞在7日目。登山隊のメンバーはミニくまちゃん、コタキナコちゃん(チンパンオランウータン)、新メンバーのテングザル男です。しかし「登頂記」とか「登山隊」とか仰々しい表現を用いておりますが、ガイドもポーターもいらっしゃる何様トレッキングです。続きを読む

世界遺産のタマヒュンアクティビティ「ヴィア・フェラータ」後編

PB030302
マレーシアはボルネオ島にある世界遺産のキナバル山(4095m)で遊べる、アウトドアアクティビティ「ヴィア・フェラータ」。ロープとカラビナを使って、崖や吊り橋を突き進むという、思わずキャンタマ袋が縮み上がるマゾヒスティックなお遊びです。前編に引き続き、ロングコースの「ロウズ・ピーク・サーキット」の後編をお届けします。がその前に、前日の必修のブリーフィングの模様から。続きを読む

世界遺産のタマヒュンアクティビティ「ヴィア・フェラータ」前編

DSC01366
未明から3時間かけて4095mのキナバル山に登頂した直後、ぼくを待ち構えていたのは「ヴィア・フェラータ(Via Ferrata)」なるアウトドアアクティビティなのでした。イタリア語で「鉄の道」を意味するヴィア・フェラータは、第1次世界大戦中、イタリア軍とオーストリアによる険しい山岳地帯の国境線をめぐる争いの中で生まれた──鉄梯子やロープ、足場などを用いたエクストリームな──山行手段が、やがてスポーツへと昇華したもの。そして本場イタリア以外では、ここマレーシアでしか体験できないのだそうです。続きを読む

東南アジア最高峰のひとつキナバル山に登頂なう

画像1
「なう」とか言いながらすでに10時間前の話なのですが、本日ついに東南アジア最高峰のひとつ(諸説あるので曖昧な表現にカエ)マレーシアボルネオ島サバ州の世界遺産キナバル山に登頂しましたよ! 標高は富士山より高い4095mです。朝3時にロッジを出て、真っ暗闇の岩場をトボトボ歩いて3時間、ご来光にちよっと遅れてロウズピークに辿り着きました。思ったよりは楽ちんだったかもしれない。続きを読む

いよいよ世界遺産キナバル山に登るんだよ

image
マレーシア滞在6日目にして、いまだ記事が1本しか上げられていない当ブログ。「ブロガー招待企画なのになにごとじゃー」というサバ州政府観光からの無言の圧力を感じたので、慌ててアップします!続きを読む

旅博で東南アジア最高峰のキナバル山登山が決定したんだよ

DSC07144
今日は東京ビッグサイトで開催されている旅博に行ってきました。そこのマレーシア・サバ州政府観光ブースで打ち合わせをして、10月末に再開する成田〜コタキナバル直行便を使って、東南アジア最高峰のキナバル山(4095m)に登るという計画が決まりました。続きを読む

ゴミ袋みたいなキューベンファイバートート完成。そして、キナバル山が呼んでいる

DSC05725
こないだ予告した通り、キューベンファイバーとタイベックを使ったトートバッグが出来上がってきましたので、とりいそぎ前者をお披露目します。軽くて丈夫で濡れに強いのですが、どう見てもホームレスのバッグです。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター、VRコンソーシアム事務局。→プロフィール詳細