熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

キャンプ

百名山の登山口にして粗野な露天風呂と繊細な里山料理がたまらない雨飾荘〜長野県小谷村の旅1

IMG_9945
小谷村で「おたりむら」と読むんですが、みなさんご存じでしたか? ぼくは知りませんでした。長野県は通称・塩の道、千国街道(ちくに)のもっとも北に位置し新潟県糸魚川市(日本海までわずか20km)と接する山村です。日本百名山・雨飾山の登山拠点としても知られる同村に、小谷村とプレスマンユニオンのご招待でお邪魔してきました。続きを読む

肉と紅葉!秋の奥多摩ステルスキャンプ

PB010145
よく考えたらツェルト泊はまだ4回目。その処女幕営(処女喪失なのに幕営)を果たしたのが奥多摩にある秘密のテン場なんですが、「またあそこで肉でも焼いてだらだらしたいよね」ということで最近つるみがちなWR森下さん&小林昂祐くんの3人で行ってきました。続きを読む

ツェルト泊デビューへ新緑の奥多摩

DSC07040
この土日、人生初のテン泊をしたいというWR森下さんと、昨年買ったままのツェルトを試してみたいというぼくの思惑が重なり、小林くんの手引きで奥多摩の某所にてステルスキャンピングとしゃれこみました。続きを読む

登山、旅行、キャンプに大日本除虫菊は小型キンチョールを販売すべき【追記あり】

kincho
夏の時期は必ず虫よけジェル(スプレータイプじゃなくて絶対にジェルがおすすめ!)を携帯するぼくですが、さらに登山や旅行、野宿ツーリングともなるとスプレータイプの殺虫剤が欲しくなる時があります。続きを読む

フジロック開催前だけど、今から知っておきたい最低限のフェス道具の後片付け

P1120979
こないだ登山している時に「これは書いておいた方がいいな」と思ったエントリです。そろそろフジロック開催まで1カ月ほどに迫り(ap bank fesはもっと早いか)、参加予定の方はキャンプ道具やウェア、野外フェスグッズを買い漁っている最中だと存じますが、決して安くはないお値段でこだわりのアイテムを選んでいるんですから、そのフェス以降も普段使いしたり、次回のフェスでも使いたいですよね。でもフェスで完全燃焼するあまり、疲れてキャンプ道具やウェアをメンテナンスすることなく放置してしまい、次回必要になった時にはカビだらけ、泥だらけ、虫だらけ、劣化しまくりで傷みまくりなんてことになりがちなのです。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター、VRコンソーシアム事務局。→プロフィール詳細