熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

プロトレック

散財 of the year 2016【追記あり】

名称未設定-1
その年に買ったガジェットから忘れ得ぬ名消費を振り返る「散財 of the year」。後厄ならびに10周年を迎えた2016年も、例年同様あまり買い物の記憶がないんですが、それでも定例のアップル製品のアップデートとアウトドアギアを中心に相応の犠牲を払っております。さて、今年はいったい何が選ばれるのでしょうか? 相変わらず無駄に公平を期して、前年の12月から今年11月までに購入した商品の中から選出します(コピペ)。続きを読む

プロトレック発サファリウォッチPRG-600YB-3JF

DSC08156
先日の2016年秋冬のカシオ時計新製品展示会で気になったプロトレック新モデルです。10月発売のデジアナモデル「PRG-600YB-3JF」は、文字盤に一部アラビア数字を配したサファリウォッチライクなテイストで、さらに装着感が心地よさげなナイロンベルト採用。続きを読む

山の日にプロトレックPRW-7000がやって来た(PRW-6100まとめ)

DSC08011
3月の展示会以来、「いま愛用しているPRW-5100から乗り換えるならこれやな!」と心に決めていたPRW-7000を、奇しくも山の日にカシオさんからいただきました。あわせてここ5カ月間ほどお借りして、雪の北穂からキナバルフジロックと試用してきたPRW-6100とはサヨウナラです。続きを読む

5年ぶりのフジロック

DSC07763
2011年以来、5年ぶり10回目のフジロックに行って参りました。なにせ20周年ですもんね、というのは表向きのいいわけで、今年初めて訪れるフジロックバージンをエスコートするのが主たる任務なのでした。続きを読む

北ホでヤマ始め〜α7SとPRW-6100を添えて

DSC08238
去年11月にヤマ仕舞いにと出かけた、日本最高所の山小屋・北アルプス北穂高小屋ですが、今シーズンのヤマ始めもここだな、と運動不足の中体に鞭打って出かけてきました。なにせ上高地からのアクセスがよく1泊2日で出かけられ、小屋から1分で穂高連峰から槍ヶ岳までぐるっと見渡すパノラマビューが楽しめるなんていうロケーションは、なかなかありませんからね。続きを読む

プロトレックPRW-6100がやって来たんだよ

DSC06472
このブログでかれこれ4年以上トップ3に君臨している「悩み続けていたアウトドアウォッチ選びの答え、のようなもの」という人気記事がございまして、その中で登山用の腕時計を買うならスントとプロトレックのどっちがいいか、プロトレックなら何がいいか、をグダグダつづっているのですが、なぜかご好評をいただいておりまして、その記事からプロトレックの公式サイトに少なくないユーザーが流入しているとのことで、カシオさんから最新モデルをご提供いただく運びとなりました。続きを読む

プロトレックをPRW-5100からPRW-3000に交換してもらう

DSC09242
悩みに悩んで選び、なんだかんだと4年愛用しているカシオのプロトレックPRW-5100(写真手前)。デジアナモデルで視認性が高く気に入っているのですが、いかんせん分厚いので普段使いはともかく、登山中ウエアの袖に引っかかって難儀です。というわけで、薄型・軽量で、なおかつ中身が新しいPRW-3000に交換してもらうことにしました。続きを読む

知らないうちにプロトレックのデジアナモデルが刷新されていた

protrek
なぜか当ブログでずーっと人気記事としてランクインしている「悩み続けていたアウトドアウォッチ選びの答え、のようなもの」。ほとんどカシオのプロトレック選びについて語ったエントリなのですが、この3月にも気になる動きがあったようです。続きを読む

当たり前ライフハック「腕時計は便利」

DSC07690
一般常識とか教養が通じない時代に、一周まわって当たり前のことを大発見して感動することは多々あるわけですが、そんな極私的ユーレカをして「当たり前ライフハック」と呼ぼうかなとかなんとか。で、最近感じているのが「腕時計は便利」ってことです。続きを読む

悩み続けていたアウトドアウォッチ選びの答え、のようなもの【追々々々記あり】

IMG_5621
エベレスト街道を歩きながら「自動時刻補正もないし」「太陽光発電もないし」「センサーも旧型だし」といろいろ不満を感じていたカシオのプロトレックPRG-40。プロトレックは大学時代に買った初代トリプルセンサーから2台目なのですが、PRG-40は10年以上前から使っているし、モスグリーンのベゼルにオレンジのボタンという今となっては「なんでこんなカラー買ったの?」という色味なので、およそ5700mの高い方のチュクン・リに登った記念に引退してもらって(それ以前によく海水に浸けてたので潮でボタンが固まりがち)、アウトドアウォッチを新調しようとしたのです。が、これといった決め手がない。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター、VRコンソーシアム事務局。→プロフィール詳細