熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

旅行

【5/3再開】小諸動物園ライオン・ナナちゃんのもぐもぐタイムだよ

20161208-DSC05070
プレスマンユニオンの招待でうかがいました、信州小諸・中棚荘の旅パート2。実はこれ昨年12月のプレスツアーなんですが、記事を書きあぐねているうち取材した小諸動物園が2月にライオンのかみつき事故を起こし休園してしまったため、さらに記事作成を延期していたところ、本日5月3日に無事再開するということであわてて記事作成した次第です。続きを読む

オルカ鴨川FCと行く収穫体験〜春のカモ旅3

20170226-DSC01162
春のカモ旅その3は、鴨川漁港からの町歩きにはじまり、菜の畑ロード、みんなみの里でのランチと収穫体験、大山寺へと続きます。ともあれハイライトは、みんなみの里の素朴なご飯でしょう。続きを読む

デルタ航空よかった話〜ロスまで往復7万円

DSC01702
旅の出発点ロサンゼルスへのアクセスに今回初めてデルタ航空を利用したんですけど、すげーよかったのでシャアさせていただきますっ!続きを読む

アメリカ南西部ドライブ旅行の装備

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6590
1週間のアメリカ南西部のドライブ旅。すでに同行者のブログが続々アップされていますが、まずはあたりさわりのないパッキングネタからエントリします。今回のカバンは、機内持ち込み可のスーツケースひらくPCバッグのみ。久しぶりにひらPを引っ張り出したのは、(いつもと違って)レンズ3本とニャンちゅうを持参したため。実際はもっと身軽に動きたい時もあろうかと予備でKEENのガーリースリングも持っていきました。続きを読む

アメリカ南西部へロングドライブの旅

IMG_7702
4月の初旬に1週間レンタカーを借りて、アメリカの南西部をドライブしてきました。ロスから始まりフェニックス経由でセドナ、グランドキャニオン、ホースシューベンド、モニュメントバレーといったグランドサークル内の景勝地を巡ってから、帰りはルート66沿いの街を辿りつつ再びロスに戻ってくるというスケジュールです。続きを読む

【閲覧注意】マンボウを解体するよ in 鴨川漁港〜春のカモ旅2

IMG_6829
春のカモ旅その2は、「小湊」と「鴨川漁港」の2つの港町を巡ります。ハイライトはなんといっても、取材日たまたま網にかかったマンボウの解体シーン。微グロゆえに閲覧注意ですけど、ダイナミックです。続きを読む

北海道新幹線で行く、函館以外の道南

IMG_6689
開業1年で予想を超える229万人が利用し、順調に滑り出した北海道新幹線。でもまだ開通しているのは新函館北斗駅まで。一度は記念乗車で利用して、函館(とせいぜい江差)をぐるっと巡ったら、「他に見どころってあるの?」って話になりますよね。そこで檜山振興局の自治体の招待で行って来ました、「函館以外の道南の旅」をご紹介します。続きを読む

おんな城主は直虎だけじゃないんだよ〜日本三大山城・岩村城の旅

IMG_7109
NHK大河ドラマはおろか、ろくに時代劇を観たことがありません。今年は柴咲コウ主演の『おんな城主 直虎』? それほどの時代劇音痴ではありますが、みなさん、件の井伊直虎以外にも女城主がいたことをご存じでしょうか。それが戦国時代、岐阜県恵那市にあった岩村城の女城主「おつや」。いや、ぼくもさっき知ったばかりなんですけどね。続きを読む

信州小諸 藤村ゆかりの宿・中棚荘でりんご風呂にドボンだよ

20161207-IMG_4510-2
長野県は軽井沢のとなり、小諸にある藤村ゆかりさん(写真)という女将が切り盛りする宿に行ってきました。嘘。「ふじむらゆかり」ではなく、「とうそんゆかり」です。明治の文豪・島崎藤村が足繁く通った宿なのです。続きを読む

旅で太らない方法〜伊豆かかりつけ湯の旅2・伊豆長岡温泉

20160202-DSC03592
ミニくまちゃんを足湯に入れるとフリチンにならざるをえない問題。さて、1年ごしの義理を果たすべく、伊豆かかりつけ湯のつづきをお届けします。前回は畑毛温泉でしたが、続いてやって来ましたのは伊豆長岡温泉エリア。いずれのお宿も「旅でデブる問題」に取り組んだローカロリー料理が売りです。続きを読む

エース パリセイドZ 45を買ったんだよ〜機内持ち込みサイズのスーツケース【追記あり】

20170217-DSC08462
だんだん見た目が、昨年肝硬変が見つかった伯父に似て丸くなってきました。気をつけます。さて、普段の旅行装備はウルトラライトを志向し、基本的にリュックサックで出かけているのですが、まれに壊れ物や重いブツを運んだりすることがあるため、スーツケースを転がすことがございます。とはいえ早20年選手ともなろう無印良品のそれは、ソフトタイプでフロントポケットに荷物を入れるとバランスを崩し前のめりがち。コロコロも2つしかなく走行音が激しめです。続きを読む

デカ盛りグルメとの遭遇〜アクアラインの東・後編

20161203-DSC04454
アクアラインの千葉側の富津市・君津市・木更津市・袖ケ浦市(内房上総地区)で構成される“アクアラインイースト観光連盟”のプレスツアー2日目。デブまっしぐら、ハイカロリーな観光スポットの目白押しです。続きを読む

東京湾フェリーで行くアクアラインの東・前編

20161202-DSC04168
昨年12月の話になりますが、アクアラインの千葉側の富津市・君津市・木更津市・袖ケ浦市(内房上総地区ゆうらしいですわ)で構成される“アクアラインイースト観光連盟”のプレスツアーに参加しました。もう紅葉シーズンでもないんですが、ご査収くださいませ。続きを読む

伊豆大島唯一の酒蔵から、夕焼けビューの露天風呂、そして揚げたて天ぷらの魔力

IMG_6398
東海汽船で行く伊豆大島の旅、最終回です。伊豆大島椿漫喫Aコースを体験したのち、ツアーパーティーでレンタカーを駆って「伊豆大島唯一の酒蔵」「富士山と夕焼けを臨むオーシャンビューの露天風呂」「椿フォンデュと温泉が売りの大島温泉ホテル」を巡りました。続きを読む

汗っかきで寒がりな人間のインサレーション考

20170209-DSC08362
おのれはつくづくわがままボディやなと感じるのが、家から駅まで歩くだけで汗だくになるのに、外でじっとしていると途端に寒さを感じる冷え性体質なところ。冬に限らず夏場でも日没後などで陥りがちなので、おそらく脂肪量が多く筋肉量が不足しているのでしょう。そんなピーキーな体には、濡れると保温力がガタ落ちする天然ダウンのインサレーション(防寒着・保温着)は向いておりません。続きを読む

平日なのに大型バス5台が満席〜伊豆大島椿漫喫Aコース

IMG_6042
東海汽船のはからいで訪れた13年ぶりの伊豆大島。前回は一人勝手に三原山お鉢巡りを楽しんだ模様をエントリしましたが、今回は椿まつりにあわせて東海汽船が催行するバスツアーに参加した様子をお届けいたします。続きを読む

日常と旅と山を、行き来するモノ

IMG_5961
先日、法事で地元徳島に帰省しました。たかだか4日間とはいえ“正月太り”の条件は見事にそろっておりまして、まんまと70kg台にカムバック。旅行中や帰省中は太ることはあっても痩せたためしがないので、「非日常でこそ積極的に運動を取り入れねばな」との想いを新たにしたのでした。続きを読む

1ℓあたり2412ベクレル!国内最強の放射能泉・三朝温泉にドボンだよ〜鳥取の旅3

DSC00468
いきなり目玉おやじの露出画像にて失礼します。鳥取県とプレスマンユニオンの招待でお邪魔した鳥取の旅もいよいよ3日目・最終回。この日はひと晩お世話になった休暇村 奥大山からの、鳥取中部地震でもっとも被害が多かった倉吉市の白壁土蔵群。そして投入堂でお馴染みの三徳山三佛寺を経て、入浴せずとも滞在するだけでラジウム泉を全身で浴びられる、国内最強にして世界屈指の放射能泉・三朝温泉へと巡ります。続きを読む

大山レークホテルかわいい〜鳥取の旅1

DSC09967
鳥取中部地震でホテルと旅館で1万件のキャンセルが出たそうですよ、奥さん。というわけで11月中旬に出かけてきた鳥取プレスツアーの模様その1です。鳥取県とプレスマンユニオンのご招待でお送りします。ほぼ10年前、第1回妖怪そっくりコンテスト境港観光協会会長賞(あずきあらい)を受賞して以来の鳥取。ともあれハイライトはKAWAIIが詰まっている大山レークホテルですよ!続きを読む

日本百名山・大山に登ってきたよ(下山即温泉ビール付)〜鳥取の旅2

DSC00047
日本百名山をざっくり40座ほど登っているぼく。東京に住んでいると、関東近郊や日本アルプス、八ヶ岳へのアクセスはすこぶるよろしいのですが、当然その他のエリア、北海道、東北、関西、中国、四国、九州あたりの百名山はなかなか手を出すことができません。とりわけハードルが高い山のひとつが鳥取県の大山(だいせん)。中国地方に百名山はこれしかないので、わざわざ登りに行かないといけないのです。ゆえに「まあ、いずれご縁があれば…」ていどの気持ちだったんですが、そのご縁が突然やってきたのが11月中旬。鳥取県とプレスマンユニオンの招待で大山登山に出かけてきました。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター、VRコンソーシアム事務局。→プロフィール詳細