熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

涸沢

北ホでヤマ始め〜α7SとPRW-6100を添えて

DSC08238
去年11月にヤマ仕舞いにと出かけた、日本最高所の山小屋・北アルプス北穂高小屋ですが、今シーズンのヤマ始めもここだな、と運動不足の中体に鞭打って出かけてきました。なにせ上高地からのアクセスがよく1泊2日で出かけられ、小屋から1分で穂高連峰から槍ヶ岳までぐるっと見渡すパノラマビューが楽しめるなんていうロケーションは、なかなかありませんからね。続きを読む

雪に閉ざされる前に山を下る〜北穂高小屋2

DSC00335
北穂高小屋の最終営業日を狙って出かけた山行のパート2です。トップ写真は、小屋から眺める槍ヶ岳。照明が反射して、まるで双子の月のようです。続きを読む

いちばん高いところにある山小屋の最終営業日に泊まる〜北穂高小屋1

DSC00179_2
11月3日のことですが、いちど小屋締めに立ち会ってみたいという動機で、北アルプスの穂高連峰は北穂高小屋の最終営業日に泊まってみました。標高は3100mと、富士山を除けば国内最高所にある山小屋なのだそうですが、これまで何度か訪れているので軽い気持ちで向かったものの、前日に積もった雪でそこは完璧な冬山と化していたのでした。続きを読む

オクホにキタホその4〜上高地の発見

DSC06597
北アルプスの北穂高岳奥穂高岳の登山は無事終わったのですが、問題は下山。行き同様にたっぷり6時間以上かかるのです。続きを読む

オクホにキタホその3〜日本で3番目に高い山、奥穂高岳へ

DSC06419
3日目は富士山、北岳に次いで日本第3位の高峰・奥穂高岳(3190m)にアタックいたします。と、特にピークハントなんて目指してないんですけどどど、これで第5位までに登頂したことになります。続きを読む

オクホにキタホその2〜北穂高岳へピストン5時間

DSC06177
初日は8時間半かけて上高地から涸沢まで歩きましたが、これはいわば北穂と奥穂の登山口までのアプローチ。2日目からが本番です。とりあえず、標高3106mの北穂高岳を目指します。続きを読む

オクホにキタホその1〜涸沢までが遠すぎるんだよ

DSC06117
あいち瀬戸内トリエンナーレ旅から帰ってきてからすぐの8月末、原稿をたーんと抱えて行ってきた、北アルプス穂高連峰の北穂高岳と奥穂高岳の登山の模様です。写真は涸沢のテント場。続きを読む

北ホ奥ホ行ってきたホ

DSC06407
しばらく更新がないと思ったら、北アルプスの涸沢キャンプ場にベースを作って、北穂高と奥穂高に登って来たんですよ。北ホは比較的晴れていたんですが、奥ホはご覧の通りジャンダルムが時おり見え隠れするぐらいのガスっぷり。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター。→プロフィール詳細