熊山准のおブログ|KUMAYAMA.com

高橋晋平

やる気スイッチを具現化したガシャポン『ココロスイッチ』

DSC00542
昨年末にバンダイ高橋晋平さんと飲んだ席で「こんなん出るんですけど…」といただいたのが、1月14日発売のガシャポン『パチっと切りかえ!ココロスイッチ』(1回100円)。仮面ライダーフォーゼのアストロスイッチや高橋さんのヒット作『∞プチプチ』よろしく、「人はスイッチを見たらパチパチしたくなる」という本能に訴える玩具です。上下には相反する項目が表示されているので、何かに迷ったときのスイッチ頼みにしたり、スイッチ操作をすることで気分を切り替えるトリガーとしても利用できます。続きを読む

ぼくのフジロック童貞を奪ったTYPEFACE渡邉民人さんと10年ぶりに再会する

DSC00194
『ノマドライフ』(本田直之)や『自由な働き方をつくる』(常見陽平)、そして間もなく発刊される『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』(日野瑛太郎)など、ネット住民なら誰もが一度は目にしたことがある話題の書籍のデザインを数多く手がける、気鋭のデザイナー・渡邊民人氏に、チョー久しぶりにお会いしました。実はバンダイのおもちゃ開発者・高橋晋平さんの著書『∞(むげん)アイデアのつくり方』のデザインも渡邊さんの仕事で、お二人はまだお会いしたことがないとのことだったので、出会いをアレンジメントさせていただいた次第です。続きを読む

『∞プチプチ』は『∞鼻くそほじり』へ

P8090011
先日の東京おもちゃショーで衝撃を受けたバンダイ ガシャポンの『ほじれるんです。』。人の鼻を模したキーホルダーで、鼻の穴に思う存分指を突っ込んでほじほじできる、いわば『∞ほじほじ』ですが、「いやあ、バカだなあ(讃辞)」と思っていたら、やはり『∞プチプチ』高橋晋平さんの仕業でした。続きを読む

バンダイの問題作「3億円」の楽しみ方を考えた

P8110311
本日リリースが解禁されましたが、11月5日にバンダイが「3億円」を2100円で販売するそうです。と書くとなんのこっちゃらわかりませんが、「3億円」とは1000万円の札束30個とジュラルミン製っぽいアタッシュケースを1/6スケールで忠実に再現したミニチュアディスプレイ玩具のことです。なんだか80年代感あふれるジョークグッズっぽいですが、開発者の高橋晋平さん(『瞬間決着ゲーム シンペイ』『∞プチプチ』)は自信満々で、「ぼくも何に使っていいか、お客さんに受け入れられるかどうかもよくわからないんですよね。むしろ市場に問いたい」とご乱心のようでしたよ。続きを読む

水晶玉ジャグリングが手軽に楽しめるFUSHIGIを触ってみたんだよ

P8110306
「んー、なんだこれはー?」とミニくまちゃんが覗き込んでいるのは、10月15日にバンダイから発売される水晶玉パフォーマンス玩具「FUSHIGI(フシギ)」だよ。もともとはアメリカのIdea Villege社が2010年6月に発売したものなんだけど、すでに1年間で400万個も販売しているみたいなんだ。ときどきテレビのバラエティ番組なんかで、水晶玉を使ったコンタクトジャグリングのパフォーマーが出てきたりするけど、あの一見難しそうな(実際難しい)動きを手軽に楽しむことができるんだ。続きを読む
ミニくまちゃん
熊山准|KUMAYAMA, Jun.
女子力を備えたおっさんが贈る、旅と山とアートのブログ。アーティスト、ライター、夕焼けハンター、VRコンソーシアム事務局。→プロフィール詳細